メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

俳人・種田山頭火 河内貯水池畔(八幡東区河内) 苔むす墓に自らの境遇重ね /福岡

 漂泊の俳人。自由律俳句の鬼才。特異な生き方への注目もあり、山頭火は、今も根強いファンを持つ。野垂れ死に覚悟で禅僧として修行しながら各地を放浪し、五市合併前の北九州にも何度も訪れた。複数の句碑から足跡をたどることができる。

 その一つ、河内貯水池畔の碑は、八幡東警察署河内駐在所から徒歩数分の観音堂境内にある。初めて八幡に来た1930(昭和5)年11月、付近を散策した時に詠んだ句が、本人の直筆で刻まれている。

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1400文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです