メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

戦後初の邦字紙、廃刊へ 「サンパウロ新聞」

社告で廃刊を告知したサンパウロ新聞の20日付紙面=20日、山本太一撮影

 【サンパウロ山本太一】世界最大の日系社会があるブラジルの邦字紙「サンパウロ新聞」は20日、読者減少による経営難のため、廃刊の方針を明らかにした。22日配達の来年1月1日付紙面が最後になる。インターネットサイトでの継続を検討しているという。ブラジルの邦字紙は「ニッケイ新聞」だけになる。

読者減あらがえず

 サンパウロ新聞は1946年に創刊された第二次大戦後初の現地邦字紙で、日本人移住者らの情報源になってきた。77年、優れた文化活動に贈られる菊池寛賞を受賞した。週5日発行してきた。だ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  5. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです