メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第5部 未来へ/5 食品ロス削減、意識改革から

フードバンクかながわに個人から寄贈された食品=横浜市金沢区で2018年11月26日、矢澤秀範撮影

 ●フードバンク普及

 店舗跡地を活用した横浜市金沢区の倉庫兼事務所に、さまざまな食品が積み上げられている。米や水、缶詰、菓子、調味料……。「フードバンクかながわ」のスタッフが棚やカートに整然と並べていく。企業や個人から寄贈されたこれらの食品は支援が必要な貧困世帯に無償で提供される。「独り暮らしの高齢者が持て余した贈答品を送ってくることも」と、藤田誠事務局長が説明する。

 食品の多くは、さまざまな理由で販売困難となったもの。常温で保存でき、賞味期限が残り2カ月以上のもの…

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2250文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです