メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

ガンジス川で泳いだ“旅人”たかのてるこさんとのトーク拡大版

著書を手に笑顔のたかのてるこさん(左)と桂南光さん=大阪市中央区で2018年11月24日、小松雄介撮影

 『ガンジス河でバタフライ』(幻冬舎文庫)などの紀行エッセーで知られるたかのてるこさんは、あふれるバイタリティーと初対面の人にも愛される人なつっこさを武器に、これまで七大陸・65カ国を旅してきました。25年前、大学生だったたかのさんをテレビで見初めたのをきっかけに、会えば何時間も語り合う友人となった桂南光さんが、たかのさんが旅から得た大切なものについて聞きました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4102文字(全文4294文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです