メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米通商代表部

対日貿易交渉 包括的協定鮮明に TPPレベル網羅

 【ワシントン中井正裕】米通商代表部(USTR)は21日、日米貿易交渉に関する交渉目的の概要を公表した。モノの貿易に関する関税の撤廃・削減や規制緩和のほか、日本が通貨安誘導を行わないよう求める方針を明記。投資やサービス分野の交渉も段階的に進め、包括的な自由貿易協定(FTA)を目指す姿勢を示した。来年1月下旬から交渉が可能になる。

 交渉目的は、工業品や農産品の関税のほか、通信や金融サービス、電子商取引ルール、知的財産権の保護など…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです