メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県勢3校、ひたむきに /香川

笑顔でフィニッシュした高松工芸の村上祐里主将=京都市右京区の西京極陸上競技場で、潟見雄大撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)が23日、京都市右京区の西京極陸上競技場を発着点に開かれた。県勢は県代表の男子・小豆島中央(3年連続3回目)、女子・高松工芸(3年ぶり3回目)、四国地区代表の四国学院大香川西(2年連続2回目)が師走の都大路を駆け抜けた。小豆島中央は2時間15分33秒の47位、高松工芸は1時間14分36秒の52位、四学大香川西は1時間14分38秒の53位でフィニッシュした。【潟見雄大】

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです