メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

国軍が「停戦」 4カ月 北部の少数民族地域

 【バンコク西脇真一】政府と少数民族武装勢力との内戦が続くミャンマーで、国軍は来年4月末まで、武装勢力が活動する北部などでの軍事行動を停止すると発表した。国軍主導のテインセイン前政権時代にもなかった大規模な停戦宣言で、全国停戦協定(NCA)に未署名の武装勢力との交渉前進が期待されている。

 4カ月間の停戦は、今月21日に発表された。12日に「タアン民族解放軍」など3勢力が軍事作戦を停止し、和平交渉に参加する意向を示したことに伴う措置だという。

 ミャンマーでは1948年の独立後、多数派ビルマ族の支配に少数民族が反発し、今も戦闘が続く。約20の…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです