メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

帝国書院(東京都)/下 生徒、先生を第一に

ベストセラーとなった「地図で訪ねる歴史の舞台-日本-」=帝国書院提供

 <since 1917>

地図のある豊かな生活をすべての人へ

 戦後、児童・生徒が増加し、社会科の教科書類が専門の出版社として帝国書院は順調に業績を伸ばした。1960年代ごろまで、営業社員が西日本の学校を回ると「守屋荒美雄(すさびお)先生のお陰で教師になれた。御社に足を向けて眠れない」と声をかけられ、創立者の功績が身にしみたこともあったという。以後約半世紀、中学校で使う社会科地図帳の大半は同社製である。

 57年には本社を本の街、東京・神田神保町に構えた。守屋の精神は引き継がれ、82年にはアジアからの大…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文751文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです