メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工判決で原告側 強制執行は日韓協議の推移見て

 【ソウル堀山明子】韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人の元徴用工への賠償を命じた確定判決を受け、原告団は24日の声明で、新日鉄住金は原告との協議に応じる意思がないと判断したとして、資産差し押さえの強制執行手続きに入る方針を明らかにした。ただ、日韓当局者間の協議が続いていることを踏まえ、申請の期日は協議の推移を見て決めるという。日韓両政府や企業が被害者救済の具体的措置を講じれば、資産差し押さえを再考する余地を示唆したものと…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです