メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「仕事の夢ばかり見る」と話す馬場正男=2018年12月14日、勝田友巳撮影

 「花よりもなほ」の長屋のオープンセットは、馬場正男と、古い美術仲間の三輪良樹の提案で、京都映画の敷地内に造ることになった。美術監督の磯見俊裕の、「直線のない長屋」という注文に「誰もしないようなことを、自分で考えてやるのはおもろい」と張り切った。

 磯見の描いた図に従って家を建てながら、「こんな坂道に建ってる家、棟は落ちてなくていいんかい」と馬場らが聞く。磯見は思わず「そんなこと、できるんですか」と聞き返した。「できるで」と言うや、屋根を支える棟木をのこぎりで切ってしまった。「見といてくださいな」と言いながら、棟木の角度を調整し変えてゆく。「こんなもんでっか」「もうちょっとゆがめて」。様子を見ながら固定し、どんどん組み上げる。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです