メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、下落は一時1000円超 1年3カ月ぶり2万円割れ

1000円以上値を下げた日経平均株価の午前の終値を示す電光掲示板=東京都中央区で2018年12月25日午前11時36分、尾籠章裕撮影

 週明け25日の東京株式市場は、米株価急落の影響を受けて売りが優勢となり大幅続落した。日経平均株価は一時、前週末比1000円超下落し取引時間中としては約1年3カ月ぶりに2万円を割り込んだ。午前終値は1018円74銭安の1万9147円45銭。これを受け、日本国債が買われ、長期金利の指標となる10年物国債利回りは一時、2017年9月以来の0%まで低下。25日は上海などアジアの株式市場でも軒並み大きく下落した。

 米政府機関の一部閉鎖や世界経済の減速懸念などを背景に24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです