メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州場所初優勝の貴景勝は新関脇 初場所新番付

記者会見する横綱・稀勢の里=東京都江戸川区で2018年12月25日午前10時15分、根岸基弘撮影

 日本相撲協会は25日、大相撲初場所(来年1月13日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。11月の九州場所で初優勝した貴景勝は新関脇で東に座った。西は玉鷲で6場所ぶりに関脇へ返り咲いた。東小結は妙義龍で19場所ぶりの三役復帰。御嶽海は、3場所務めた関脇から西小結に番付を下げた。三役は12場所連続になる。

 横綱、大関陣の顔ぶれは変わらず。白鵬と鶴竜の2横綱が先場所を全休し、東の最高位の横綱になった稀勢の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです