メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東証2万円割れ トランプリスク表面化 市場、景気後退も意識

エコノミストの今後の株価の見通しは

 クリスマスの金融市場を株安が襲った。日経平均株価は1000円超下落し、約1年3カ月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。トランプ米大統領の政権運営が投資家から不安視されたことに加え、世界経済をけん引していた米国の先行きも急速に暗さを増してきたためだ。

 「経営者仲間と集まっても、『景況感が良くない』という話ばかり。2万円割れでも驚きはない」。25日午後、東京・兜町にある証券会社の株価が映し出される大型モニターの前で、千葉県船橋市の運輸業顧問の男性(62)は、ため息をついた。日経平均は取引開始直後に2万円を割り込むと、急速に下げ幅を広げ、午前中に1000円を突破した。

 株価急落の直接の原因は、米国の政治混乱にある。トランプ氏がこだわる「国境の壁」予算を巡る対立で22…

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文2040文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです