メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

IWC脱退、国益か 主張蹴られ反発 国際連盟以来?の「お家芸」 鯨食、日本文化も大事だが…

国際連盟とIWCの脱退を比べると……

 <access>

 日本政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を正式に表明する。国際機関からの離脱は戦前の国際連盟以来では--と世の関心は高い。満州事変は侵略だとして撤兵を迫られ、松岡洋右(ようすけ)首席全権が連盟総会を退席した一件とも重なるようだが、実際はどうなのか。

 政府のIWC脱退方針についてメディアは「極めて異例」「戦後ほとんど例がない」などと報道。ネット上で<『脱退』と来れば松岡洋右>や<主張が受け入れられないとケツをまくるのはお家芸>との声も上がる。

 だが、外務省職員は「国際機関からの脱退は全然まれではない」と話す。例えば、ゴムや砂糖など1次産品の…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 新潟・高1暴行動画拡散 近く県警に被害届提出へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです