メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模な山体崩壊、衛星観測で解析 インドネシア津波

地球観測衛星「だいち2号」が大きな噴火の発生前後に捉えた地形データの解析画像。噴火後に中央の火山島の南西部が消失している=国土地理院提供

 インドネシア・スンダ海峡で22日に発生した火山島の噴火に伴う津波で、国土地理院が噴火前後の衛星観測データを解析して比較したところ、2キロ四方の火山島の半分近くが噴火後に消失していたことが判明した。地球観測衛星「だいち2号」の観測で、大規模な山体崩壊が津波を引き起こしたことを裏付ける結果となった。

 地理院は衛星を運用する宇宙航空研究開発機…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです