メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪大審査委、iPS角膜移植を大筋了承 24年度実用化目指す

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、損傷した角膜を再生する臨床研究について、大阪大の審査委員会は26日、西田幸二教授(眼科学)らが申請した計画を大筋で承認した。来月にも国に臨床研究の実施を申請し、承認されれば来年5月にも1例目の移植を実施できる見通しという。2024年度の実用化を目指す。

 角膜は厚さ0・5ミリ程度の黒目の表面を覆う膜で、レンズの役割をする。角膜の細胞が病気やけがで傷ついたり失われたり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです