メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC

政府、脱退表明 商業捕鯨はEEZ内 公海は撤退

 政府は26日、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、来年7月から商業捕鯨を再開すると発表した。反捕鯨国が過半数を占めるIWCの枠組みでは、再開のめどが立たないと判断した。南極海や北西太平洋で実施してきた調査捕鯨は今年度で打ち切る。約30年ぶりに再開する商業捕鯨は、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に限る。国際的な批判が強かった公海での捕鯨をやめることで各国の理解を得たい考えだ。

 政府は25日にIWC脱退を閣議決定。他の主要加盟国と調整の上、菅義偉官房長官が26日、談話の形で発…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです