メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

IWC脱退表明 捕鯨存続、苦肉の策 空白30年、消費は低迷

南極海でクジラを捕獲する日本の捕鯨船=1987年2月、共同

 日本政府は26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明。国際的な批判が強い公海という「好漁場」での調査捕鯨を止める代わりに、日本近海で約30年ぶりの商業捕鯨再開に踏み切ることにした。日本の主張への支持が一向に広がらない中、捕鯨存続を図るための「苦肉の策」だが、国際的な批判を浴びるのは必至だ。消費者の鯨肉離れで商業捕鯨が将来的に成り立つかは不透明な一方、外交への悪影響を懸念する声も出ている。

 「商業捕鯨再開と言っても、商売として成り立たない。国が支えなければ捕鯨文化は衰退する」。調査捕鯨の…

この記事は有料記事です。

残り2905文字(全文3154文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです