メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
全国高校ラグビー

桐生第一の挑戦/下 NZ留学 最高峰の技に学ぶ /群馬

 昨年3月、当時2年生だったFL新井穂主将とSO斉藤誉哉選手はラグビーの強豪、ニュージーランド(NZ)へ留学した。新井主将は初めて参加した練習で受けた衝撃を今でも鮮明に覚えている。「状況判断能力が高く、ポイントに駆けつける速さも全然違った」

 NZ留学は元日本代表の霜村誠一監督の提案で2016年から始まった。自身も23歳の時にNZにラグビー留学した。「もし高校生の時に行っていたらその後の6年間の使い方が変わっていた」と振り返るほど刺激を受けたという。

 毎年、希望する選手が自費で5カ月間留学する。今年はCTBの奥田北斗選手(2年)が留学した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです