メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

桐生第一の挑戦/下 NZ留学 最高峰の技に学ぶ /群馬

 昨年3月、当時2年生だったFL新井穂主将とSO斉藤誉哉選手はラグビーの強豪、ニュージーランド(NZ)へ留学した。新井主将は初めて参加した練習で受けた衝撃を今でも鮮明に覚えている。「状況判断能力が高く、ポイントに駆けつける速さも全然違った」

 NZ留学は元日本代表の霜村誠一監督の提案で2016年から始まった。自身も23歳の時にNZにラグビー留学した。「もし高校生の時に行っていたらその後の6年間の使い方が変わっていた」と振り返るほど刺激を受けたという。

 毎年、希望する選手が自費で5カ月間留学する。今年はCTBの奥田北斗選手(2年)が留学した。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです