メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東証7年ぶり前年割れ アベノミクスに逆風

東京証券取引所の大納会で鐘を打つサッカー日本代表前監督の西野朗さん(右)=東京都中央区で2018年12月28日午後3時14分、宮間俊樹撮影

 平成最後の大納会となった東京株式市場は7年ぶりに日経平均株価が前年を割り込み、沈滞ムードで幕を閉じた。世界経済の拡大基調が終わりに向かうとの不安が市場を覆っており、株高を「アベノミクス」の推進力としてきた安倍晋三政権にとっても、2019年は試練の年になりそうだ。

 28日午後3時、東京証券取引所の大納会会場の株価ボードに日経平均株価の終値「20014・77」が表示されると、約610人の来場者から2万円台がなんとか確保されたことに安堵(あんど)の声が漏れた。日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)は「米中貿易摩擦、サウジアラビア、ブレグジット(英国の欧州連合=EU=離脱)と火種が次々と現れた年だった」と振り返った。

 株式市場は過去6年間、一時的な調整を経ながらも上昇基調を保ってきた。デフレからの脱却を掲げて12年…

この記事は有料記事です。

残り1653文字(全文2023文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです