メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本など11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効を、国内の農畜産物生産者は不安の中で迎え、対策を探っている。一方、小売店では関税引き下げの対象商品を値下げする動きが広がり、徐々に「TPP効果」が出てきそうだ。来年はタイなどの新規加盟交渉も始まる見通し。政府は自由貿易の旗印としてTPPの加盟国を広げ、米国を中心とする保護主義の動きをけん制したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文1939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです