メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 日本など11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効を、国内の農畜産物生産者は不安の中で迎え、対策を探っている。一方、小売店では関税引き下げの対象商品を値下げする動きが広がり、徐々に「TPP効果」が出てきそうだ。来年はタイなどの新規加盟交渉も始まる見通し。政府は自由貿易の旗印としてTPPの加盟国を広げ、米国を中心とする保護主義の動きをけん制したい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文1939文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです