メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本スプリント選手権 新浜、国内最高 男子500 初日首位、女子は小平

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権は29日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕した。男子は、新浜(しんはま)立也(高崎健康福祉大)が国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録を更新する34秒50で500メートルを制し、総合首位に立った。総合2位は1000メートルで大会新を出した山田将矢(日大)。

 女子は、総合連覇のかかる小平奈緒(相沢病院)が500メートルで大会新の37秒50をマークし、2季前…

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです