メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本スプリント選手権 新浜、国内最高34秒50 男子500

高木美、1000で大会新

 スピードスケートの短距離日本一を決める全日本スプリント選手権は29日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕した。男子は、新浜(しんはま)立也(高崎健康福祉大)が国内最高(日本選手による国内リンクでの最高)記録を更新する34秒50で500メートルを制し、総合首位に立った。総合2位は1000メートルで大会新を出した山田将矢(日大)。

 女子は、総合連覇のかかる小平奈緒(相沢病院)が500メートルで大会新の37秒50をマークし、2季前…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです