メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

裁判担当記者座談会2018(下)旧優生保護法、国の責任は 19年の注目裁判も

各地で相次ぐ旧優生保護法を問う提訴。東京地裁に入る原告弁護団と支援者たち=東京都千代田区で2018年5月17日午前9時34分、藤井達也撮影

<(上)から続く>

旧優生保護法、国の責任は

 ――民事裁判では、旧優生保護法に基づく不妊手術を巡る民事裁判が各地で始まった。

 服部 仙台地裁で先行した訴訟だが、5月には75歳の男性が東京地裁で国賠訴訟を起こした。男性は中学生の頃、理由を告げられないまま不妊手術を受けさせられた。その事実を妻にも長年伝えられず、ようやく打ち明けたのは妻が亡くなる数日前だった。話を聞き、胸が締め付けられる思いがした。理不尽と言える不妊手術で人知れず苦しんでいる人たちは少なくないはずだ。

 ――全国の原告数は少しずつ増えている。

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです