メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成歌物語

東京の30年をたどる/1(その1) 時代表す言葉の力 作家・作詩家 なかにし礼さん /東京

世代超え響く「まつり」

 歌は世につれ、世は歌につれ--。「石狩挽歌」「北酒場」「AMBITIOUS JAPAN!」など数多くの作品を手がけてきた直木賞作家のなかにし礼さんは「歌には時代が表れる」という。平成バブルで始まったこの30年、東京もまたさまざまに歌われてきた。「大東京」「某東京」「ごめんね東京」……。その変遷をたどり、平成時代の東京を振り返った。【高橋昌紀、川村咲平】

 「『まつり』は『紅白』の大トリを5回も務めている。平成を代表する歌と認められたんじゃないかな」

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです