メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

ふくおか鉄道開通130年/1(その1) 福岡貨物ターミナル駅/甘木鉄道 /福岡

 新年、おめでとうございます。平成最後の年が始まりました。今年は県内で初めて鉄道が開業して130年の節目に当たります。市民の足としてばかりでなく、物流や地域振興の起爆剤としての期待を乗せて走り続ける列車たち。県内の鉄道とそれにまつわる人たちの話題をお届けします。

 ◆福岡貨物ターミナル駅

札幌へ、2130キロ結ぶ 日本最長、物流の屋台骨 「責任の重さ痛感」運転士の桑岡さん

 福岡市東区のJR貨物・福岡貨物ターミナル駅は、九州内や東京など全国各地を結んで毎日48本の貨物列車が発着する一大物流拠点だ。中でも毎日、札幌と1往復する直通列車は、2日がかりで約2130キロを走り、旅客を含めて日本最長を誇る。

 福岡から札幌行きが発車するのは、未明の午前1時55分。関門トンネルから本州に入り、山陽線を東へ。琵…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです