メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
年越し

復興期す 東日本大震災 福島第1原発事故 8年ぶりの古里 大熊/北海道地震 仮設でも「明るく」 厚真

神棚に鏡餅などを供え、手を合わせる石田キミ子さん(手前)と宗昭さん=福島県大熊町で2018年12月31日、喜屋武真之介撮影

 平和への願いが込められた「平成」は、多くの災害に見舞われた30年でもあった。東日本大震災と原発事故の被災地・福島では、いくつもの家族が新たな年を8年ぶりに我が家で迎えた。自宅に戻れず、仮設住宅での暮らしが続く北海道胆振(いぶり)東部地震の被災者たちは、平成最後の年に希望を見いだそうとしている。

8年ぶりの古里 福島・大熊

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となった福島県大熊町の一部地域で、住民が8年ぶりに古里で年を越した。夜間滞在できる「準備宿泊」が昨年4月から始まっている。この日は中間貯蔵施設を行き来するトラックなどもまばらで、町中は静けさに包まれていた。

 同県田村市に避難している石田宗昭さん(80)とキミ子さん(76)夫婦は、自宅で新年を迎えるため大み…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです