メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根駅伝 往路は東洋大優勝 V5目指す青学大は5分30秒差の6位

往路4区で青学大・岩見(左)と並走する東洋大・相沢=神奈川県大磯町で2019年1月2日(代表撮影)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町―神奈川・箱根町の往路107.5キロに23チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加して行われ、昨年総合2位の東洋大が往路新記録となる5時間26分31秒で、2年連続7回目の往路優勝を果たした。昨年11月の全日本大学駅伝2位の東海大が1分14秒差の2位。史上3校目となる46年ぶりの総合5連覇と2度目の大学駅伝3冠を目指す青学大は、トップと5分30秒差の6位だった。

 各チームの往路成績は次の通り。

 (1)東洋大5時間26分31秒(2)東海大5時間27分45秒(3)国学大5時間29分15秒(4)駒大5時間29分59秒(5)法大5時間31分36秒(6)青学大5時間32分1秒(7)順大5時間32分5秒(8)拓大5時間32分8秒(9)帝京大5時間33分30秒(10)中央学院大5時間33分32秒(11)明大5時間34分14秒(12)中大5時間35分26秒(13)日大5時間35分37秒(14)国士舘大5時間35分53秒(15)早大5時間36分6秒(16)日体大5時間36分33秒(17)東京国際大5時間37分15秒(18)神奈川大5時間39分41秒(19)城西大5時間40分10秒(20)上武大5時間42分26秒(21)大東大5時間43分7秒(22)山梨学院大5時間44分16秒※オープン参加 関東学生連合5時間44分17秒

(記録は速報値)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです