メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/1 官民でスポーツ普及 体操復活うれしく 前回東京五輪日本選手団主将・小野喬さん

 2019年。東京五輪・パラリンピックの開催が翌年に迫ってきた。1964年にあった前回の東京大会で、日本選手団の主将を務めたのが、能代市出身の小野喬さん(87)だ。五輪には体操で52年のヘルシンキ大会から4大会に連続出場し、金メダル五つを含む13のメダルを獲得。引退後もスポーツの普及に尽力した小野さんに平成を振り返ってもらい、日本のスポーツの今について、語ってもらった。

 --小野さんは引退後、東京で池上スポーツ普及クラブを設立。競技だけでなく、生涯楽しめる一般スポーツ…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです