メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ革命

60周年 ラウル氏、「継続」を強調 米政権批判も

キューバ革命60周年の記念式典で演説するラウル・カストロ氏=キューバ東部サンティアゴデクーバで1日、ロイター

 【サンパウロ山本太一】カリブ海の社会主義国キューバは1日、キューバ革命60周年を迎え、革命の勝利宣言の地、東部サンティアゴデクーバで記念式典が開かれた。革命からカストロ兄弟が握ってきた政権は昨年、「革命後世代」に引き継がれた。今春にも公布される改正憲法では経済自由化を促す一方で、社会主義体制や共産党一党支配は堅持したままだ。

 ラウル・カストロ前国家評議会議長(87)は演説で「新たな世代に責任を委譲するプロセスは順調だ」と憲…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです