メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/2 帽子かぶった鶏煮込み

エチオピアの正月料理を詰めたメソブを手にするセイファさん=東京都目黒区のレストラン「Addis」で2018年12月11日、尾籠章裕撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 3000年の歴史を持つ東アフリカ・エチオピア。正月は西暦の9月で黄色い花が満開だ。祝い事には鶏をさばいて肉煮込みを作り、食後は日本の茶道に似たコーヒーセレモニーを楽しむ。

 ●手間かけ軟らかく

 麦わら帽子のようなふたで覆われたメソブという器が運ばれてきた。ふたを取ると、くるくると丸められた発酵パンのインジェラと煮込み料理が盛りつけられている。メソブは麦の茎を編んで作られており、同じ素材の脚を付けて食卓の役目を果たす場合もある。インジェラは皿代わりに煮込み料理の下にも敷かれる。

 煮込みは、「バルバレ」というエチオピアの伝統的なミックス香辛料とバターで軟らかく煮込んだ骨付き鶏肉…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです