メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/2 40代で転身、人生一変 女性がより活躍する社会へ 脚本家・内館牧子さん

 連続テレビ小説「ひらり」や、大河ドラマ「毛利元就」などの脚本を手がけ、数々のヒットを生み出してきた。映画化された「終わった人」や直近の「すぐ死ぬんだから」などの著書も人気だ。秋田市出身の脚本家、内館牧子さん(70)にとって平成は、女性が活躍できる仕事を求めて会社員を辞め、脚本家として走り抜いてきた30年だ。彼女に平成を振り返ってもらった。

 --大学卒業後、三菱重工に入社。女性会社員として働きながら「もっと女性を使ってくれる仕事」を求めて…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです