メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故死、最少の3532人 18年、65歳以上が過半数

昨年の都道府県別交通事故死者数

 警察庁は4日、全国で昨年に交通事故で死亡した人は3532人で、統計を取り始めた1948年以降最少となったと発表した。戦後最少だった1949年の3790人を68年ぶりに下回った前年に比べて162人減り、2年連続で過去最少を更新した。

 同庁は、車の安全性能向上や歩車分離式信号の設備、交通安全教育や取り締まり強化などの対策が功を奏したとみている。国は2020年までに年間死者数を2500人以下にする目標を掲げており、高齢ドライバーの事故対策などを進める。

 交通事故死者数は「第1次交通戦争」と呼ばれた70年に過去最悪の1万6765人に達した。90年前後に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです