メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新年」に食べる

日本の中の世界/4 繁栄の豚とにぎやかに

イタリアの正月料理を前にほほ笑むルカ・サンバーリさん=大阪市西区の「ラ・カンティネッタ」で、久保玲撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 イタリアにはこんな言葉がある。「クリスマスは家族と、正月は過ごしたい人と」。豪華な料理を囲んでにぎやかに過ごし、正月明けには日本の餅同様、余った伝統菓子の食べ方に頭を悩ませる。

 イタリアでは、クリスマスは宗教的な意味がある日で、家族と過ごす。一方、正月は誰と一緒にいてもよく、大勢で騒ぎながら迎えるのが一般的という。

 そう教えてくれたのは、イタリアの伝統的な料理を楽しめる大阪市西区のレストラン「ラ・カンティネッタ」…

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文1896文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです