メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知、歩行者対策に効果 交通事故死11人減、全国最多は脱せず

愛知県の交通事故死者数の推移

 愛知県の2018年の交通事故死者数は189人で16年連続で全国最多となった。前年から11人減り、68年ぶりに200人を割ったものの、全国ワーストは脱却できなかった。県警は事故死者の多くを占めてきた歩行者や65歳以上の高齢者の事故防止に力を入れており、さらに継続して取り組む方針。

 県警によると、愛知県の事故死者数は、(第1次)交通戦争と呼ばれた1969年に過去最悪の912人を記録した。09年以降は200人台で推移し、18年は1950年の169人以来、200人未満となった。

 全国ワーストは03年から続き、18年も、前年に比べて32人増えた千葉県を上回った。自動車保有台数が…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです