メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「そのこ」のために=永山悦子

 何度も読み返した。世界の児童労働の廃絶を目指す非政府組織(NGO)「ACE」の代表、岩附由香さんに教えてもらった詩だ。

 「そのこはとおくにいる/そのこはぼくのともだちじゃない/でもぼくはしってる/ぼくがともだちとあそんでいるとき/そのこがひとりではたらいているのを」

 詩人の谷川俊太郎さんが、ACEのために作った「そのこ」の書き出し。「ぼく」はたぶん日本の子。ゲームをしたりお風呂に入ったり、幸せな日常を過ごす。「そのこ」は学校へ行くことも、将来の夢を持つこともできず働き続けている。全文ひらがなの詩に描かれた対比はあまりにも鮮烈だ。

 家族を養うために働く子どもは世界で1億5000万人もいる。「児童労働なんて遠い国の話」と思いがちだ…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです