メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成のむすびに

東北から/5 東北の元気、日本中に 被災の現実受け入れ、前へ お笑いタレント・マギー審司さん

 東日本大震災の発生後、出身地の宮城県気仙沼市など被災地の支援活動に取り組んできたお笑いタレント、マギー審司さん(45)にとって、「平成」とはどんな時代だったのか。これまでの歩みや地元への思いを交え、振り返ってもらった。

 --1995(平成7)年、「ウィンドウズ95」発売を機に、インターネットの利用が広がり、携帯電話やスマートフォンの普及も相まってメディア受容のあり方も変わった。

 科学技術がものすごく進歩した時代だったという印象です。若者の関心もテレビからネットに移りました。昔…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです