メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

甘えん坊アユミさん「学校に行くの」かなわず 四日市・虐待死の女児

女児が暮らしていたアパート(左)。遺体は右側の駐車場の車に隠されたクーラーボックスから見つかった=三重県四日市市で、大西岳彦撮影

 伊勢湾岸に広がる中京工業地帯の要、三重県四日市市。空高くそびえる煙突の下に、2階建ての小さなアパートはある。2017年夏、このアパートの一室に、外出を禁じられたブラジル国籍の女児が閉じ込められていた。女児は就学義務のない外国籍であることを理由に小学校から「除籍」が認められ、その後の通学先が確認できない「就学不明」の状態だった。社会とのつながりを断たれ、次第に居場所をなくしていった女児の足跡をたどった。

この記事は有料記事です。

残り3628文字(全文3831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです