メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無痛分娩で障害 病院側5840万円支払いで遺族が和解 

 麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で生まれた長女が重度の脳障害を負ったのは、医師の不適切な処置が原因だったとして、両親が京都府京田辺市の「ふるき産婦人科」(休院)と、担当した男性院長に計約1億円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪高裁で和解した。病院側が5840万円を支払う。

 和解は昨年12月7日付。和解金7400万円のうち、既に支給された補償金を除いた金額を病院側が支払う。障害を負ったことについて、病院側が「厳粛に受け止め、遺憾の意を表す」との内容も盛り込まれた。

 訴状などによると、母親は2011年4月、無痛分娩のため、脊髄(せきずい)近くに麻酔薬を入れる「硬膜…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです