メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

10代少女、ソーシャルメディア利用で同年代少年よりうつのリスク

 [ロンドン 4日 ロイター] - 英国の省庁横断の公的団体、経済社会研究会議(ESRC)が資金提供して行われた調査で、10代の少女は同年齢の少年に比べてソーシャルメディア利用によりうつ症状を示す確率が約2倍であることが4日、明らかになった。

     主に、ネット上の嫌がらせや睡眠の中断、身体イメージの悪さや自己評価がより低いことが主因とみられている。

     調査では英国の青少年約1万1000人のデータを分析。それによると、14歳ではソーシャルメディアを1日に3時間以上利用する少女の割合が5分の2で、少年の5分の1を上回った。

     また、より深刻なうつの症状が見られた割合は、利用度の低い人の間では12%、1日5時間以上の利用度の高い人の間では38%となった。

     ソーシャルメディアとの関連が考えられる潜在要素を分析したところ、少女の40%、少年の25%がネット上の嫌がらせやネットいじめを経験していた。

     睡眠障害を訴えたのは少女の40%、少年の28%だった。うつには不安と睡眠不足が関係しているとされる。

     身体のイメージや自己評価、容姿に対する懸念でも少女への影響がより強いことが分かったが、少年との差はさほど大きくなかったという。

     調査結果は、EClinicalMedicineに掲載された。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
    3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
    5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです