メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第10講 イセエビ リアス式の恩恵、御食国

塩焼き(左下)、具足煮(右下)、刺し身のイセエビ料理=三重県鳥羽市の答志島で、松井宏員撮影

 新年にふさわしく、正月飾りにも使われるイセエビを求めて、いざ三重県鳥羽市の答志島へ。今回の日本列島のポイントは、伊勢志摩のリアス式海岸だ。

 大阪から鳥羽まで近鉄特急で約2時間、鳥羽から定期船で答志島に着いた。昼時、魚のセリがあるというので、マグマ学者の巽好幸先生、「エコール辻大阪」の大引伸昭先生と共に早速、漁協(鳥羽磯部漁協答志支所)へ向かう。

 イセエビ漁の解禁は鳥羽沿岸部は10月1日だが、答志島は半月早い9月中旬だという。仲買人が集まってき…

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2326文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです