メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第10講 イセエビ リアス式の恩恵、御食国

塩焼き(左下)、具足煮(右下)、刺し身のイセエビ料理=三重県鳥羽市の答志島で、松井宏員撮影

 新年にふさわしく、正月飾りにも使われるイセエビを求めて、いざ三重県鳥羽市の答志島へ。今回の日本列島のポイントは、伊勢志摩のリアス式海岸だ。

 大阪から鳥羽まで近鉄特急で約2時間、鳥羽から定期船で答志島に着いた。昼時、魚のセリがあるというので、マグマ学者の巽好幸先生、「エコール辻大阪」の大引伸昭先生と共に早速、漁協(鳥羽磯部漁協答志支所)へ向かう。

 イセエビ漁の解禁は鳥羽沿岸部は10月1日だが、答志島は半月早い9月中旬だという。仲買人が集まってき…

この記事は有料記事です。

残り2102文字(全文2326文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです