メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模鉄道

AI通訳機導入 全25駅に40台 /東京

 相模鉄道(横浜市西区)が、話しかけるだけで通訳がいるように対話できるAI(人工知能)通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」を全25駅に計40台導入した。沿線には米軍施設や工業団地があり、訪日観光客だけでなく、外国人の利用者が多い。これまでも駅名看板の多言語化や駅係員向けの接客英語学習プログラ…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです