メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいの風とやま鉄道

一万三千尺物語、4月6日にデビュー 県産食材2コース /富山

 あいの風とやま鉄道は、観光列車「一万三千尺物語」(3両編成)の運行を4月6日に開始することを明らかにした。料金は「通常プラン」が1人1万2800円で「お土産付きプラン」は1万4800円。2015年3月の同社開業以来初となる観光列車が、今春の桜の季節にいよいよデビューする。

 運行は2ルートでいずれも県産食材を活用した食事を提供する。「富山湾鮨(すし)コース」は富山駅を午前11時に出発。泊駅で折り返し、…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです