メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

阿武咲と明生、互いに磨き

九州場所で優勝し殊勲賞と敢闘賞を受賞した貴景勝(左)と敢闘賞の阿武咲=2018年11月、野田武撮影

 九州場所は貴景勝と同じ22歳の阿武咲が11勝を挙げて敢闘賞に選ばれた。また、再入幕だった23歳の明生が9勝して幕内で初めて勝ち越すなど、20代前半の若手が輝きを放った。

 阿武咲は青森・三本木農高1年だった2012年に国体少年の部を制し、同高を中退して13年初場所で初土俵を踏んだ。出世は早く15年初場所に18歳で新十両。17年夏場所に20歳で新入幕を果たし、1場所15日制が定着した1949年夏場…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです