メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

陵墓 大山古墳の発掘調査を初公開

報道陣に公開された「大山古墳」の発掘現場。石敷きや埴輪列が確認された=2018年11月22日

原則「非公開」の宮内庁の変化に注目 

 宮内庁が昨年11月、大阪府堺市の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵)の発掘調査現場を報道陣と歴史・考古学の研究者らに公開し、大きなニュースとなった。全長約500メートル、3重の濠(ほり)に囲まれた日本最大の前方後円墳で、国が今年夏にユネスコの世界文化遺産登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(堺市、羽曳野市、藤井寺市)の「顔」となる構成資産でもある。その発掘調査と内部の公開は、考古学的な成果だけではなく、陵墓をめぐる宮内庁の姿勢の変化という点でも注目すべき出来事だった。

 11月22日の発表当日は小雨のぱらつく肌寒い朝となったが、JR阪和線百舌鳥駅から西へ5分ほど歩いた…

この記事は有料記事です。

残り2194文字(全文2507文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです