メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

学童保育 なり手不足で基準緩和 厚労省

放課後児童クラブ(学童保育)で、小学校の理科の実験教室に参加する安倍晋三首相(右から2人目)=埼玉県鴻巣市の保育・児童施設「ふくろうの森」で2018年7月4日、代表撮影

市町村の裁量拡大 通常国会に改正法案提出へ

 共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)を巡り、厚生労働省は職員数と職員の資格要件の基準を緩和する方針を決めた。「なり手不足で待機児童が解消できない」として、全国知事会、市長会、町村会などが地方分権改革提案の一環で国に基準緩和を求めていた。2019年の通常国会に児童福祉法改正案を提出し、全国一律で義務付けていた基準を参考とすべき「参酌基準」に改め、市町村の裁量を拡大する。

 学童保育はもともと、地元自治体や保護者会、民間企業などが独自に開設し運営してきた経緯がある。厚労省…

この記事は有料記事です。

残り1887文字(全文2158文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです