メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第34回毎日現代書関西代表作家展

墨痕鮮やか 粋に多彩に(その1)

あすから、大阪・あべのハルカス近鉄アート館で

 新春恒例の書の祭典「第34回毎日現代書関西代表作家展」が10日から、大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店ウイング館8階、近鉄アート館で開催される。わが国最高の伝統と水準を誇る毎日書道展で活躍する関西代表作家、毎日書道会の常任顧問・理事・監事を含む計358人の最新作を展示。さらに特別陳列は、霊山歴史館(京都市)の所蔵品から幕末明治にかけて活躍した坂本龍馬や勝海舟らの書を紹介する「幕末の書」を併催。また一般公募し、5375点の応募作品から選ばれた、えとの書「亥」の入賞・入選作品1000点も並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り1705文字(全文1977文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです