メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太宰治

小説「津軽」に登場、「鯛事件」の女中が判明 丸山旅館の新谷左んこさん 三厩の牧野さん調査 /青森

「姿焼きのはずが切り身」 憤慨され

 文豪・太宰治が1944年、津軽半島を約3週間かけて旅してつづった小説「津軽」。その中で描かれた三厩村(現外ケ浜町三厩)の旅館で起きた“鯛(たい)事件”について、三厩在住の主婦、牧野和香子さん(67)が登場する女中が誰だったのかを突き止めた。【北山夏帆】

 鯛事件は44年5月、三厩の丸山旅館に2尺(約60センチ)のタイを持ち込んだ太宰が、女中に姿焼きを頼んだものの、切り身で振る舞われて憤慨したという小説の一幕。女中が誰なのか分かっていなかったが、牧野さんの独自調査で、当時住み込みで働いていた新谷左んこさんだと分かった。

 きっかけは、牧野さんが今別町の歴史と文化を記録する「いまべつを語り継ぐ会」(熊谷範一会長)に参加し…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです