メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いかり

7本発見、北前船か 男鹿・戸賀湾海底で発見 専門家「貴重な史料」 /秋田

 男鹿市の戸賀湾の海底で、江戸~明治時代の日本海を中心に交易を担った「北前船」のものとみられるいかり7本がまとまって発見された。複数が同時に見つかるのは珍しい。男鹿市を含む寄港地の街並みなどが日本遺産に認定され関心も高まる中、専門家は「貴重な史料になる」と期待する。

 秋田市のダイビングショップ経営、金坂芳和さん(70)が数年前に発見し、昨年10月に詳細を確認した。7本は戸賀湾の海岸線から約1・5キロ沖で縦36メートル、横20メートルの範囲に沈んでいた。最大のもので柄の長さは2・3メートル、海底に食い込ませる先端の爪は長さ80センチ。いずれもさびた…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです