メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真撮影

外国ゆかりの子に居場所を フォトジャーナリスト・大藪さん、楽しさ伝えるワークショップ /神奈川

12日から 横浜で参加者作品展

 外国籍だったり親が外国人だったりする「外国につながる子供」たちに、写真撮影の楽しさを伝えるワークショップが横浜市内で続けられている。企画しているのは同市在住のフォトジャーナリスト、大藪順子さん(47)。「レンズを通して自分の世界と向き合いながら、自己表現の枠を広げてほしい」という思いがこもる。参加した子供たちの作品展を12~20日、横浜港のレストハウス「象の鼻テラス」(横浜市中区)で開く。【宇多川はるか】

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1250文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです